災害時に活用されるポリ袋

災害時に活用されるポリ袋 ポリ袋は災害時に活用することができます。
まず、災害時などの緊急時には水を確保する必要がありますが、保管できる容器の数が不足している場合は、ポリ袋を何枚か重ねると、飲料水の保管が可能になりますし、運搬することもできます。
また、トイレが故障している時は、簡易トイレとして使用することも可能です。
そして避難所などでは、物を仕分けして保管する時に使用すると便利だと言われています。
それから、料理をする必要がある場合に、手にポリ袋をかぶせると食べ物を直接触らずに済みます。
手には菌がたくさんついていると言われますが、災害時は使用できる水の量が限られていて、手洗いを十分に行うことは困難なため、料理をする時に利用すると便利です。
さらに、食品を洗う際も水と食材を入れて軽く揉むようにすると、少量の水でも食材を洗うことができます。
また、食品を混ぜ合わせる時に使用すると便利ですし、お椀やお皿にかぶせて使うと洗い物が少なくなります。

簡易トイレとして活用できるポリ袋

簡易トイレとして活用できるポリ袋 地震大国・日本。非常時に一番困ることは食料ではなくトイレです。
上下水道が使えないときに流れないトイレを使用すると不衛生になり感染症の蔓延につながります。
また、トイレを我慢することは体調不良につながります。
よって簡易トイレの作り方を日頃からマスターして非常時に備えておかなければいけません。
用意するものは基本的にポリ袋(できれば45リットルの黒いもの)、新聞紙やオムツや凝固剤など水分を吸うものの2つです。他に消臭剤スプレー、おがくず、猫用トイレの砂などがあれば匂い対策になります。
使い方は家のトイレにポリ袋を2重に重ね、その中に新聞紙などの水分を吸うものを敷き詰めるだけ。
使用後の袋は中身が漏れないように口を捻って縛ります。
家のトイレが使えないときは座っても大丈夫なしっかりした段ボールを使用します。
外で使用するときは周りから見えないように目隠しすることが必須です。
排泄して袋を処理した後はアルコール除菌剤などで手を清潔にしましょう。
このような用意を家族の人数×7日分を用意しておきましょう。